男性と女性

集客や売上アップ術【展示会装飾とコールセンターシステムの活用】

安くて安全な業者へ

パソコン

名刺や名簿など、企業で取り扱っている文書をデータ化する際には、データ入力をして対応することもあります。一番早いのは内容をスキャンして読み込む方法ですが、それでは規定のフォーマット内に情報を整理できないこともあります。データ入力はこのような時に必要とされており、内勤のスタッフがメインとして対応することが多いです。
ただ、最近は内勤スタッフではなく、データ入力自体を外部に委託するケースも増えています。これは、単純に費用を削減できることが大きく、その割合は50%以上もの削減効果がある企業もあります。どうしてこれだけ経費削減に繋がるのかと言うと、内勤スタッフの場合は成果にかかわらず月額給料が固定で発生するのに対して、外部に委託する場合は依頼した量のみ。つまり、必要な業務数だけの費用で賄えるところが安く済む理由です。また、データ入力自体の相場も、名刺なら1枚あたり約3円~3.2円、名簿なら1件あたり約1円で対応してくれるから格安です。

外部に委託してデータ入力をしてもらう場合は、情報セキュリティが高い業者に依頼をすることがポイント。これは企業で依頼する情報に漏えいしてはいけない内容が盛り込まれているからであり、安易に漏れてしまうと大きな問題になりかねないからです。このあたりはコンプライアンスに関わるので、なるべく情報管理に徹底している業者を選ぶことが安全でしょう。PマークやISO取得企業であれば、その信頼性は保証されているので業者選択に役立つ指標となります。