女性たち

集客や売上アップ術【展示会装飾とコールセンターシステムの活用】

アウトソーシングが便利

ウーマン

顧客に向けての応対は、コールセンターのアウトソーシングシステムを利用すると導入が簡単です。業務構築から運営プロセスまでプロがサポートしてくれるので、顧客満足度を高める部門として稼働させることができます。

もっと読む

ブースの活用

スーツの男性

大きな会場で行なわれる展示会は、多くの人達が集結して商談が行なわれます。ここでビジネスを展開するチャンスはブースの使い方にあり、魅力的な装飾をプロに依頼することが成功に繋がります。

もっと読む

目的を明確にする

展示会

集客・売上アップの要

会場の一画を借りてブースを装飾し、アピールする展示会。日本をはじめ世界各地でイベントが実施されており、人気のものだと数万人、数十万人規模の来場者が訪れます。これらは単に新商品や主力商品のお披露目会として行なわれるのではなく、取引先との繋がり強化と商談をすすめるために参加されます。実際、普通の営業を行なうよりも展示会の数日間に参加した方が集客・売上効果は絶大です。ですから、たくさんの人が自社のブースへ足を運んでもらえるように、色々と工夫をすることが大切なのです。

参加のメリットは大きい

展示会の開催は、業種ごとにまとめて開催されることが多いです。そのため、関連する競合他社が参加し、会場ではアピール合戦が繰り広げられます。当然、会場内ではライバル同士の関係にありますが、相乗効果で来場者の獲得ができるメリットもあります。ですから、企業の大小に関わらず、参加することに意義があるわけです。

訴求ポイントを明確にする

展示会は無意味に参加をしてブースを借りても意味がありません。むしろ、目的をもって参加し、ブースもそれに合わせて装飾をすることが大切です。「どのような導線で来場者へ商品やサービスを紹介していくか」そして「実際の申込みや購入に繋げるには、どんなアクションが必要なのか」など、あらゆる点を考慮していきます。また、他社との差別化を図ることも大切であり、いかに商品やサービスの利用によってメリットが得られるかをアピールする必要があるでしょう。訴求ポイントが明確になることによって、展示会というチャンスを最大限活かすことが可能です。

安くて安全な業者へ

パソコン

手間暇がかかる名刺や名簿のデータ入力は、外部で委託できる業者を探すと経費を安く済ませることができます。ただし、情報管理が徹底されている業者を選んでリスクヘッジをしておきましょう。

もっと読む